FC2ブログ

順其自然

仕事が終わってから、気胸の内科的治療を受けている夫を励ましに行く毎日が続いている。

T病院に初めて入院した時は、桜の花が咲いていた。

その時には、まさかここの病棟のクリスマスツリーを鑑賞できるとは思いもよらなかった。

半年間、この病院は、医療現場の実際や色々な肺疾患を知る良き学びの場でもあった。

でもこれ以上の病名は教えてもらいたくないなあ。

気胸に対する自己血癒着治療法を始めてから、一週間。

ドレーン装置の液体が夫の血の色に染まったまま作動し続けている。

私が分かる変化はその色彩的変化だけで、病状には変化がない。

医師の説明では、自己血癒着の効果はまだ表われていないそうだ。

肺の穴は塞がらず、ドレーンを抜くとすぐに萎んでしまう状態が続いている。

来週さらに自己血癒着法による治療を行い、それでも治療効果がない場合は、

気管支に詰め物をして穴をふさぐEWS療法を試すそうだ。

外科的手術はやはり無理な体調であるという。


現在の内科的治療、実は私たち家族に心の整理をするための猶予期間として実施されているのかもしれない

とも思い始めている。

だから、毎日彼の顔を見て、あれこれ話しかけてみては、その表情に意思を示すサインが表れていないのか

そっとうかがってみる。

でも、やっぱり彼の真意はつかめない。

「僕は君でない、だから君のことはわからない。
 君は魚でない。だから君には魚の楽しみがわからない。」

これは有名な荘子の「知魚楽」の一節である。

ゆうゆうと泳いでいる魚をみて「あれが魚の楽しみだ」

といった荘子に対して恵子がいったこの反論を、川をゆうゆうと泳ぐ鯉を見るたびに思い出す。


確かに鯉の気持ちも、40年間寄り添った夫の気持ちも私にはさっぱりわからない。

人間は、他人の真意はわからないことを知っているのに、

自分にとって都合の良い解釈をして自分の気持ちを楽にさせようとする狡猾な生き物だと思う。

だから、私たち家族もこれからは自分の気持ちが楽になる考えを

「それがお父さんにとって・・・」 と思うことにして決断を下すしかない。

どんな決断を下しても後に残ってしまう慚愧の念を、ささやかな贖罪を続けることによって少しずつ消していく・・・

そんな消極案しか思い浮かばない位に、今の私たちには残された選択肢がほとんどなくなってしまった。

もうここまで来たからには、彼の身体の意思にお任せしようと思う。

しばらくは今までの流れで行うことになった緩い治療を続けながら彼の身体の変化を見守りたい。

実は私も彼も、決めるのが苦手な人で、レストランのメニューを見て料理を決めることさえお互いに押し付けあっていた。

だから、私たちがどういう判断を下しても彼は「(もうどうでも)いいよー。」って言ってくれるかな(笑)。


とにかくもう家に連れて帰って、ごちそうを思いっきり口から食べさせたいと思って実行されたmomoさんの気持ちが

よーくわかるこの頃です(私は実行できませんが・・・)




スポンサーサイト



テーマ : 自分らしく
ジャンル : 心と身体

コメント

No title

ほんの少しの入院と思っていましたが、長くなりましたね。
毎日、病院通いも大変ですがお体には気を付けて下ださい。
ルッコラさんは決めるのが苦手なんですね。
私はさっぱりと決断出来る方と思います。
夫は人任せなところがあるので、そうならなくてはいけなかったのかな?って思いますが・・・
どんな選択をしても、これで十分、満足ってことはないと思います。
でも、出来る限り、そう思うことを少なくしたいですね。

No title

mihiro様
決断をし難い原因の一つは病状が安定せずその時によって夫の様子が全く異なることにあります。
呼吸が苦しく悶え苦しんでいる様子を見ると、かわいそうだから早く楽にさせてあげたいと思ってしまいます。ところが翌日急にすっきりとした顔でご機嫌にお話していると、まだまだ頑張りたいのかなと思います。人の生死に関わる決断はしたくないですね。彼自身も体調によって、考えていることか違うんじゃないかな。
Secret

プロフィール

ルッコラ

Author:ルッコラ
ルッコラとバジルと走ることが大好きです。
家族は夫と娘二人と黒いフレンチブルドッグのラッキー君。
2009年に若年性アルツハイマーと診断された夫は、在宅介護と認知症専門病院の入院を経て、有料老人ホームで穏やかな療養生活を過ごしていましたが、2020年の1月に肺がんで永眠しました。
11年間の介護生活で大変だったことや、楽しかったことを綴っています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
ブログランキング
FCブログランキング

FC2Blog Ranking

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
月別アーカイブ